子宮筋腫にお勧め治療の漢方とは

近年は女性ならば誰もが持っていると言われるほどの子宮筋腫ですが、症状の重さは人それぞれです。

軽い方ならば、できれば薬を使いたくないという方もいると思いますが、そんな方にオススメは漢方による治療です。

お勧めの漢方は、桂枝茯苓丸という5種類の生薬が含まれている漢方です。

この漢方は、不正出血があり、生理痛で痛む場所が定まっている方、下半身の冷えが気になる方にお勧めです。

他には婦宝当帰膠という漢方は、冷え性の方や貧血やめまいがある方にお勧めと言えます。

さらにケップチクオガンという物は肩コリや頭痛を持っている方にお勧めと言えます。

漢方がお勧めと言えます。

漢方は、漢方を扱っている婦人科を受診すると漢方薬を処方してくれるので、自分の家の近くにあるか探してみると良いでしょう。

漢方は様々な種類があります。

子宮筋腫も人によって症状は様々と言えるので、自分の判断だけで、インターネットから漢方を探す事は絶対にやめましょう。

しっかりと自分の症状を医師に相談し、その上で自分にあった漢方を選ぶ事が一番、安心で効果的な方法と言えます。

子宮筋腫の治療で病院から処方したもらった薬ではなんとなく不安があるという方には、漢方での治療がお勧めと言えます。

子宮筋腫でお勧めと言える漢方は、桂枝茯苓丸という物があります。

こちらは、桂皮という血行を促進し、身体を温める効果を持っているものです。

さらに、りむくみやめまいに効果がある茯苓、牡丹皮という子宮収縮の抑制やお血を散らして血行を促進させるもの、桃仁という血行を促し鎮痛作用があるものといった5種類の漢方によって作られています。

これは、冷え性の改善、身体のうっ血緩和等に効果的で、不正出血を持っている方、経血に血の固まりを持っている方、生理痛の時に痛む場所が決まっている方には特にお勧めの漢方と言えるでしょう。

他に、婦宝当帰膠という漢方もお勧めと言えます。

こちらは、当帰や地黄といった血の巡りを良くして補血や強壮の効果があります。

さらに、疲労回復や食欲促進に効果的な党参も含まれている為、冷え性や生理不順の方に効果的とされています。

しかし、こういった漢方の情報はインターネットで簡単に探す事は出来るものの、自分の症状に合わせた漢方の処方が効果的と言える為、自分にぴったりのものを探す為に必ず医師への相談をする事をお勧めします。