子宮筋腫の発症年齢とライフスタイルの変化の関わり

子宮筋腫で、最も発生しやすい年齢は成熟した女性となっており、30代から50代にかけて発症しやすいと言われています。

その中でも、特に40歳代が多くなっており、子宮筋腫が発生した80%は35歳から50歳ほどの女性となっています。

しかし、近年は発症年齢にも大きな幅を見せ、20代の方や60歳の方も発症しています。

最高年齢では、70歳と言われ、最小年齢は13歳と言われています。

その為、年齢関係なく発症するといっても良いでしょう。

さらに、この子宮筋腫が増加傾向にあるのは、近年のライフスタイルによると言われています。

近年は、欧米化が進み、食事の面でも欧米化の影響を受けた食生活、さらに体を動かすという意識も減り、運動不足も原因の一つとなっています。

この欧米化が進んだ事により、増加傾向と言われる要因は、もともと子宮筋腫は欧米での発症が高くなっていたものなので、近年のライフスタイルが昔と比べ変化した事が考えられます。

近年の生活習慣が、様々な病気を生み出す結果になっていると言っても決して過言ではありません。

子宮筋腫は、ほとんどの女性がもっていると言われているほど身近なものとなっています。

それは、もともと筋腫は生まれた時から持っているとも言われ、それが成長するにつれて一緒に成長するとも言われています。

そのせいで、もともと発症が40歳前後と言われていたものが、近年の食生活の変化が大きく影響していると言われ、子宮筋腫もその食生活の変化により、急激に成長してしまい、20代の若い人々にも発症してしまうという傾向があります。

子宮筋腫は、初を迎えてから発症するものなので、子供の時に持っていたとしても発症はしませんが、初経の発症年齢も若くなっている分、子宮の成長も早くなっていると言えるでしょう。

近年の欧米化の食事が一般的となり、日本食のような健康的な食事をとる傾向が減っているのも様々な面で思いもよらない問題を発症してしまっています。

もともと日本食は、様々な栄養が満遍なく取れると言われていますが、その食事が減少してしまっている事で、子供が欧米人のような成長スピードになっていると言えるでしょう。